スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植菌の前に知った、収穫の喜び☆

友人より、ほだ木を頂きました。

ほだ木とは、原木に菌を植え付け、半年~2年くらい経過して、きのこが出るようになった物のことです。)

品種は菌興327号

327-0

11月21日  大きな葉が数枚と、親指大くらいの芽がびっしり!



327-s

11月26日  ちょっと見ない間にこんなに成長していました。




327-1

11月27日  昨夜の雨で更にデカくなっていました。




327-2

菌興327号のおろし木15本。

これから次々生えてくる椎茸を収穫するのが楽しみです♪


                                                 春子





スポンサーサイト

原木伐採の時期

椎茸作りは、クヌギやコナラなどの立ち木を伐採するところから始めるのですが、非力な私は、既に長さ90cm~1m位に玉切りされた原木を購入することにしました。

この原木を伐採するのにも、適した時期があるらしく、その目安として
①原木内貯蔵養分が多い時期であること。
②原木の黄葉が2~3分始まった頃。
③晴天日が3~4日続き、最低気温が10℃以下の日であること。
④2~4本伐採してみて、伐採断面の形成層が黒く滲んでいないこと。
⑤葉枯らし中に落葉しないこと。

と、聞いていますが、黄葉が始まってからも気温が下がらなかったり、晴天日が続かなかったりすると、伐採のタイミングを逃してしまうんですよね。。。 



プロフィール

kinkoどんこきのこ

Author:kinkoどんこきのこ
秋男(椎茸栽培技師)と、春子(椎茸栽培初心者)で、楽しみながら椎茸作りをしていくブログです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。